« 2009年10月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

#452 アルバイトとしては

はいどーも。

10月からなぜだか知らないけどもいつの間にかバイトが1つ増えました。
よりによって何でこんな時期に、みたいなことは自分が一番思ってます。ごめんなさい。
だって誘われちゃったらしょうがないじゃない。
就活どないすんねん。

でね。
基本的には周りは全員正社員。
週1という特殊な条件で乗り込んでいくのは自分1人なわけです。
社外の人間からすれば誰であろうと会社の顔として見るわけで、そういう意味で責任はありますよ。
ただ社内的に見ればやはりそこは一線を引いている存在ではあると思うんですよ。
定例ミーティングに参加しているわけでもなし、そもそも会社の全容を理解しているでもなし。
断片的な情報からの個人的な解釈はしてますけどね。
責任というか、権限で言えばやはり下。当然。

だからこそできること。
というか個人的にはいつ辞めちまってもいいや、くらいの感覚だからこそできること。
社内と社外の間にフワフワと漂うからできる見方を養うこと。
そしてそれをある程度空気を読まないで言ってしまうこと。
場の空気がピリッからバリバリッになった時に行き過ぎない程度にふざけること。
坊っちゃんを弄り倒すこと。

そういえば3ヶ月間は試用期間だから年明け早々に切られてしまうかもね。
それもまたいいじゃないって。


そうそう、さっきお風呂場で石けんの泡がモロに目に入って目が痛い。
誰か助けて。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2010年1月 »