« #330 イーグルス | トップページ | #332 風が吹けば… »

#331 チベット

これはある意味自分のメモっていった感じかな。
平成20年3月24日の参議院予算委員会でのチベット問題についてのやりとり。
リンクはこちら。ページの3/4より少し上くらいの位置。
会から30日以降経過するとリンク先変わるかもしれないので注意。


山本一太氏がチベット問題について高村大臣に質問したのに続いて福田首相に質問。以下コピペ。

山本氏   それでは、福田総理にもお伺いしたいと思うんですが、胡錦濤国家主席が来日をされて日本で日中首脳会談をやると。もちろん大変意義深いことだと思いますし、新しい、小島先生のおっしゃっていた日中関係を深化させていくためにも必要なプロセスだと思います。
ただ、今外務大臣がおっしゃったように、問題があるからこそ対話を続けていかなければいけないというようなお話もありましたが、総理が五月に胡錦濤国家主席を日本に迎えたときに、もしそのチベット情勢がなかなか鎮静化しないということであれば、総理の方からも胡錦濤国家主席に対してこの問題について例えば当事者間の対話を促すとか、そういうことを胡錦濤国家主席に対して申し入れるといいますかアドバイスをするという、そういうお考えはお持ちでしょうか。

福田首相   日中関係を、先ほど来申し上げているように、どうやってこれから良い面をお互いに見付けて、そしてそれを伸ばしていくというような観点でお付き合いしていくということができるかどうかということは非常に大事であります。ですから、そういう観点から、互いを非難するとかそういう関係ではない、もう少し前向きな形でこの関係を続けていくにはどうするかということはお互いの首脳同士はよく考えていることだというふうに思います。
 まあ、どんなにうまくいっていても、これは問題はありますよ。仲のいい、そしてまた非常に、例えば夫婦だって仲良くなきゃいかぬのだけど、しかしいろいろ問題ありますよね。朝から晩までというときもあるかもしれませんけれども、そういうような一体でなきゃいかぬという関係だってそんな問題があるんですから、ですから、国が違えばそれは意見が食い違うのはあって当然だと思います。そして、相手が、もし日本が間違っていることをしているというときには、例えば中国が日本はちょっと間違っているよと言ってくれるぐらいの関係、逆に日本が中国に対して中国はこういうふうにしたらいいんじゃないのと、こういうふうなことが言えるくらいな関係ができれば最高ですよね。
 夫婦関係もなかなかそこまで言えなくて苦労しているところでございますけれども、そういう関係をつくるために、私はこのチベットの問題についても、率直な意見交換がもし必要ならばの話ですよ、必要ならばそういうことを率直に言い合えるような、そういう関係にするべく努力をしてまいりたいと思っております。


本当に仲良くなりたいならダメなものはダメと言えるようにならないといけないでしょうに。
無意味な非難をする必要がないにしても、チベットの方々に対する人権の侵害がされている証拠がある以上、また中国国内の情報が操作されている事実がある以上、強い姿勢で改善を要求していくのは当然であると思います。
「必要ならば」と強調している辺り、逆に言えば今はまだ必要ないと思っていることの裏返し…だと思って良いですかね。

媚中派の面目躍如、なのでしょうか?
チベット以外のことも含めてこいつ自体をなんとかしてくれマジで…orz

|

« #330 イーグルス | トップページ | #332 風が吹けば… »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117098/40684022

この記事へのトラックバック一覧です: #331 チベット:

« #330 イーグルス | トップページ | #332 風が吹けば… »