« #162 9日目 | トップページ | #164 卒業の季節 »

#163 教習後

今日の教習が終わった時間って言うのがさ、もう12時前だったんだ。
んで、家に帰って昼食作るのもめんどくさいってわけでもう外で食っちまえと。
そういう思考になってしまいまして。
んでまぁ近くはないんだけども、ガトームソン先生の家の近くにモスがあるんでそこにしちゃおう、ってなわけでそこにしたんですよ。

ロースカツサンドのサラダセット(山葡萄スカッシュ)とオニポテ、アップルパイを頼んで税込みで計1000円というお食事をしたわけですが、そのレジで。
まぁ隣のレジに問題の方がおられたんですけども、ふと名札に目がいったらどっかで見たことがある名前だと。
幼稚園時代の友達か?と思ったわけです。
あ、女子ですよ。
その時は相手は仕事中だし、話しかけようとは思わなかったんだけども、やっぱりそうだよなぁ、と。
家の場所とモスの場所が中途半端って言うのもあってイマイチ確信が持てなかったというのもあるんだけど。
そもそも顔自体なんとな~く覚えてるような覚えてないような感じだったっていうのは誰にも言えないヒミツ。
結果的には向こうから話しかけてきてくれて、「だよねぇ~!」みたいな感じになったんだけども。

特にオチはないですけどね、20歳目前というこういう時期になるとふとしたときに色々な方に会うな、っていうのはあるよね。しかも完全に予想外の人。なんせ幼稚園時代の人だからね。(その幼稚園時代の連中でたまに集まってますけども。今回会った人は来てなかったけどね)
それだけであった人が多いということだけども。
次は誰に会えるか、なんてのもちょっとした楽しみになるかもしれないよねぇ。

いやぁ、ビックリした。
ちなみにワタクシ、ガトームソン先生のようなドロドロとした幼稚園時代は過ごしておりません。

|

« #162 9日目 | トップページ | #164 卒業の季節 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/117098/8975955

この記事へのトラックバック一覧です: #163 教習後:

« #162 9日目 | トップページ | #164 卒業の季節 »